エセンシア歯ブラシ除菌器
トップページへ
エセンシアの特長について
歯ブラシ除菌の必要性
よくあるご質問について
エセンシアジャパン 会社概要
スタンダードシリーズ ESA-300
UVヘッドホルダー ESA-107
アドバンスシリーズ  ESA-600
アドバンスシリーズ  ESA-201
ポータブルシリーズ  ESA-101
ポータブルシリーズ ESA-102
ご注文はコチラから(送料無料!)
虫歯や歯周病の予防のためにブラッシングをおこなうことは、私たちが小さな頃から家庭はもとより学校や歯科医院などにおける口腔衛生指導により習慣化しています。
しかし、毎日使う歯ブラシの衛生状態や保管方法となると、注意をはらわれていないのが実情です。
口腔内に存在する細菌は、数百万〜数十億個といわれ、プラークだけみても1g当たり10の11乗個の細菌がある*といわれます。こうした口腔内の細菌の中には、虫歯や歯周炎などの口腔疾患から、風邪や肝炎などの各種伝染性疾患の原因菌が含まれていることもあります。
ブラッシング後の歯ブラシは、水で洗っても歯ブラシに残る細菌を100%洗い流すことが出来ず、細菌が歯ブラシに残っていることがあります。
歯ブラシを濡れた状態で保管していると、歯ブラシ内で細菌が増殖したり、洗面台や浴槽、トイレなどの空気中の細菌や水質菌による汚染リスクが高まります。
また、海外ではコップなど一ヶ所に歯ブラシを集めて保管しておくと、歯ブラシ同士の接触による相互間細菌移転のリスクも指摘されています。

ブラッシング後の歯ブラシは、除菌または乾燥させることで細菌の増殖リスクを抑えることができますが、朝の忙しい時間帯や就寝前の疲れていることなどを考えると、現実的にはなかなかできません。エセンシア歯ブラシ除菌器は、ブラッシング後の歯ブラシを水で洗って入れておくだけで簡単に除菌できる歯ブラシ除菌器です。
しかも、除菌を定期的に繰り返すため、いつも歯ブラシの衛生状態を保ちます。
(ポータブルシリーズは、1次除菌のみ)
アドバンスシリーズには、ファンをプラス。歯ブラシの除菌に加えて乾燥をサポートします。

*口腔微生物学(学建書院)より

お問い合わせ利用規約個人情報保護方針